外資系企業

外資系企業の特徴

転職活動をしている人の中で外資系に転職をして、語学を生かして働きたいとを考えている人はかなり多いようです。

実際に外資系企業というものはどんな特徴があるのでしょうか。

ひとくちに外資系と言っても資本比率、歴史、業種によってその性格は異なります。外資系であっても日本の企業と性格はそう変わらないのが、日本の資本が大きい会社です。

日本の資本と外資が共同出資している場合は合併会社と呼ばれています。戦後日本に進出してきた外国資本が大きい企業を選ぶほうが、日本に進出してきて年数が長い企業よりも外資系の良さを求めて転職を考えている人にとってはおすすめです。

後者は中身はほとんど日本企業と化しているからです。その特徴は同じ外資系でも出身国によってかなり異なるようです。アメリカ系の企業とヨーロッパ系の企業とでは物事の考え方が異なりますし、今後はアジア系の企業も増加することが予想されます。

転職活動は、そのあたりも視野に入れて行うことが重要です。また日本の企業と大きく違うところはその会社のトップの性格が大きく反映されるということです。

外資系への転職を考えている場合は転職しようとする会社の社長の理念や性格などについてもしっかりと把握してから判断するようにしましょう。

色々なところが外資系への転職というものは、日本企業への転職とは違いがあるようです。まずは外資系企業の特色をよく理解することから始めてみることをおすすめします。

コラム

アメリカの職業別勝ち組ランキング

アメリカでどの職業が最も良いのかをランキングで表した図です。

柔軟性やストレス、将来性・満足度などを総合したランキングになっており、

必ずしも収入が多い職業が上位にランクインしているわけではないようです。



詳細は以下より。

http://www.pheedo.jp/click.phdo?i=796439205bf436c7100255eae502de49


はたして、参考になるのでしょうか?

ノウハウ

夏物のリクルートスーツはもう買いましたか?


 突然、縁起でもないことを失礼しました。

 しかし、少しでもこの言葉に

 苛立ちや、腹立たしさを感じたとするならば・・・


 あなたは既に追い込まれているかもしれません。

 ⇒ http://tinyurl.com/oj7kyp



 誰もが抱く誤解なのですが、

 3月、4月に就職活動が終わるような人は

 まず、ほとんどいません。


 サルでも内定が取れるようなショボイ企業から

 たまたま内定をもらったアホな先輩が

 大はしゃぎしていたから、そのイメージがあるだけです。

 結果、あせって、しょうもない企業に

 こびへつらって内定をすがるような人が後を絶ちません。


 ⇒ http://tinyurl.com/oj7kyp



 しかし、よく考えてください。

 就職活動が早く終わることが

 果たして、本当にあなたの人生にとってプラスですか?


 例えばスポーツで体を鍛えていたとして、

 走り出して苦しくなったら

 すぐに立ち止まってしまうような・・・


 そんな、軟弱姿勢の表れではありませんか?



 確かに就職活動はつらく厳しいものかもしれません。

 ましてや、就職氷河期ともなるとなおさらです。



 しかし、もし、それを乗り越えたとするならば・・・

 ビジネスマンとしてのあなたは

 とんでもないモンスターに成長しているかもしれませんよ。


 私は、あなたのその成長を手助けする仕事をしています。

 ⇒ http://tinyurl.com/oj7kyp

ノウハウ

採用通知をもらうための「たった3つのポイント」


大野さんは、不採用通知をもらい続け自信も喪失した状態からたった3つのポイントを実践するだけで採用を勝ち取って自分の望みの会社で働いています。

一般的に重要だと思言われていることの全てに関係なく、元人事採用担当者の内定をもらうことだけに焦点をあてた採用率を桁ちがいに上げる”3つのポイント”を今、ここで公開します。

もし、あなたがその内容に興味があるならば、今すぐこの手紙を1文字たりとも読み飛ばすことないよう慎重に読み進めて下さい。



HST PROGRAM


女性の転職

女性の転職について

近ごろは、女性の社会進出とともに結婚・出産後も仕事を続ける人が増加しています。

結婚後も第一線で働いている女性はたくさんいるのです。

転職を考える女性も女性の社会進出に伴い増えてきました。

もっと良い条件の職場を求めてステップアップするのです。

男性の転職とは違い女性ならではの転職に対する不安や疑問もあるようです。

近年、寿退社という言葉はあまり聞かなくなりました。

もし結婚しても仕事を続けるという女性がかなり増加しています。

結婚していると転職に不利なのではないかという人もいますが、そんなことはありません。

家庭を優先したいので残業ができない等の勤務条件を提示してしまうと転職活動では不利になります。

正社員としてしっかりと仕事をしていく意思をアピールすることが大切だといえるでしょう。

女性の転職の場合、子供がいることは不利になるかというと、これも同じで最初から、残業はできません等の条件をつけない限りはその人の実力次第ということになるでしょう。

親が育児をサポートしてくれる、近くに子供を預ける施設がある、すでに育児をしながら働いてきた実績があるなど企業側が安心する材料があると女性の転職には有利です。

女性が転職をするときには様々な不安があるものです。

家庭や育児、また将来の結婚などがその例としてあげられるでしょう。

しかし不安をひとつひとつ解消して望みどおりの転職を成し遂げることは絶対に不可能なことではないのです。

<<前の5件  .. 2 3 4 5 6  次の5件>>



Powered by Seesaa