女性の転職

賢く利用しよう 女性向け無料転職支援サービス

公共の転職支援機関と言えばハローワークが思い浮かびます。

他にも地方自治体などが行っている転職支援の施設や団体があるのをご存知ですか。

ほとんどの施設や団体で無料カウンセリングを受けることができたり、無料や格安の仕事探し対策講座があったりと充実した転職支援をしています。

なにかとお金がかかる転職活動時。

上手に活用して転職を有利に進めましょう。

http://feedproxy.google.com/~r/allabout/all/~3/h8Jah9e1Sh0/

コラム

初転職を意識し始めたときにやっておきたいこと

誰にとっても初めての転職は不安なもの。

ただ新卒で入社した会社も5年目が過ぎたころになると、会社の同僚の中に転職する人が増え、一方で中途入社する人も現れる。

今の仕事のままでいいのか、自分は出遅れているのではないかと心配になるのも無理はない。

30歳を前にして、自分が過ごした20代を振り返ることが大切であるばかりでなく、そろそろ次のステップに挑戦するためにも、会社の外の世界に目を向けてみることがお勧め。

http://feedproxy.google.com/~r/allabout/all/~3/Hc8pbfhbgPQ/

医療関係

看護師の転職 面接対策

一般職に比べ、看護師は面接による採用率が非常に高い職種です。

とはいえ、面接官に与える印象によっては、「今回は残念ですが……」という結果を招く危険性も。

面接前から当日にかけての面接対策をしっかりと行い、あなたの魅力を最大限に伝えましょう。


http://feedproxy.google.com/~r/allabout/all/~3/nq8b94eFNy0/

外資系企業

外資系企業の特徴

転職活動をしている人の中で外資系に転職をして、語学を生かして働きたいとを考えている人はかなり多いようです。

実際に外資系企業というものはどんな特徴があるのでしょうか。

ひとくちに外資系と言っても資本比率、歴史、業種によってその性格は異なります。外資系であっても日本の企業と性格はそう変わらないのが、日本の資本が大きい会社です。

日本の資本と外資が共同出資している場合は合併会社と呼ばれています。戦後日本に進出してきた外国資本が大きい企業を選ぶほうが、日本に進出してきて年数が長い企業よりも外資系の良さを求めて転職を考えている人にとってはおすすめです。

後者は中身はほとんど日本企業と化しているからです。その特徴は同じ外資系でも出身国によってかなり異なるようです。アメリカ系の企業とヨーロッパ系の企業とでは物事の考え方が異なりますし、今後はアジア系の企業も増加することが予想されます。

転職活動は、そのあたりも視野に入れて行うことが重要です。また日本の企業と大きく違うところはその会社のトップの性格が大きく反映されるということです。

外資系への転職を考えている場合は転職しようとする会社の社長の理念や性格などについてもしっかりと把握してから判断するようにしましょう。

色々なところが外資系への転職というものは、日本企業への転職とは違いがあるようです。まずは外資系企業の特色をよく理解することから始めてみることをおすすめします。

コラム

アメリカの職業別勝ち組ランキング

アメリカでどの職業が最も良いのかをランキングで表した図です。

柔軟性やストレス、将来性・満足度などを総合したランキングになっており、

必ずしも収入が多い職業が上位にランクインしているわけではないようです。



詳細は以下より。

http://www.pheedo.jp/click.phdo?i=796439205bf436c7100255eae502de49


はたして、参考になるのでしょうか?

<<前の5件  .. 2 3 4 5 6  次の5件>>



Powered by Seesaa