医療関係

医療従事者の転職活動

医療従事者の転職活動にはどのような特徴があるのでしょうか。

医療従事者にかかわらず職場での精神的なストレスが原因で、うつ病などの心の病に罹るケースが急増しています。

業種別にみると、製造業、卸売、小売業、建設業が上位を占めており、本来病む患者を癒す職業である医療従事者が心の病になる割合も上位に及ぶ勢いにあります。

医療従事者自身のメンタルヘルスについては、医師不足はもちろん全体的な人手不足の問題に隠れてしまい、表面化されることが少なく対策も進んでいません。

たくさんの業種の中でも、医療関係は他の業種と比べて求人件数が多いので、医療の資格を活かそうと思えば転職がしやすいともいえます。

この転職活動さえ成功すれば、環境も変わり心の病や不調を乗り越えられる可能性もあるといえるのでしょうか。

転職したとたんに、次の職場でも同じだったという失敗談はよく耳にする話なのです。

医療従事者として、どんな職場環境が自分にとって良いものなのか、転職活動を通して再検討するとともに、心の病の再発を予防していくことは責務でものでしょう。

医療関係

看護師の転職 面接対策

一般職に比べ、看護師は面接による採用率が非常に高い職種です。

とはいえ、面接官に与える印象によっては、「今回は残念ですが……」という結果を招く危険性も。

面接前から当日にかけての面接対策をしっかりと行い、あなたの魅力を最大限に伝えましょう。


http://feedproxy.google.com/~r/allabout/all/~3/nq8b94eFNy0/



Powered by Seesaa