転職ドットコム > 転職市場 > 現在の転職市場における動向について

転職市場

現在の転職市場における動向について


求人情報求職情報を扱うホームページなどから、現在の転職事情がどのような形になっているかを職種別に整理してみました。

IT関係は転職状況が活発化しており、情報量も豊富です。

モバイル関係のジャンルは、その中でも成長性が見込めます。

そのため、モバイルテクノロジーに対応できるエンジニアの需要が高まっています。

現在、携帯関係は売り手市場となっていますが、この状況はしばらく続くでしょう。

この他、金融関係も新たな人材を求めています。

中でも、保健関係の競争はますます激しくなっており、2007年から銀行窓口での販売が解禁されたことや、外資系企業の保険への参入で、国内企業は現状打破が必要になっています。

特に銀行関係や保険会社関係などの経験者への求人が多く、専門のスキルを持つ人が金融業界では高い需要があるといえます。

営業関係や事務職関係も、以前から需要が高い分野といえるでしょう。

どのような職種にしてもいえますが、何か新しいことをする時やそのまま規模を拡大する時でも、増やすべき部署は事務や営業であり、金融業界やIT業界でもその点は同じです。

その分野での確かな経験と技術を持ち、会社において即戦力となりうる人が、これからの競争社会ではますます必要になります。

即戦力となるスペシャリストはどの会社でも重用されることが多く、売り手市場と呼ばれる現在の転職状況でもそれは同様です。



転職ドットコムトップへ | 【求人・転職・就職】0円.COM 無料アンケート>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


Powered by Seesaa